歯科・開業を任せるなら
デンタルサービス
株式会社デンタルサービス

お問い合わせはこちら

歯科開業のことなら
デンタルサービス
お任せください

  • 相談料・紹介手数料・
    物件検索費用”0円”
  • 開業を成功に導く
    ”独自のエリアマーケティング”
  • 医療法人の実運営”10年以上”
    の豊富な実績
SNSにて最新の新着物件・
歯科開業レポート情報を
掲載中!
facebook

新着物件情報

開業地は患者さんの集まり方に大きく影響し、歯科医院経営を左右します。デンタルサービスでは、独自の不動産ネットワーク・エリアマーケティングによって一般には目にできないような物件情報を取得しています。ここで一部をご紹介します。

二子玉川駅徒歩6分、新築、12月竣工予定/1階路面店舗空きあり

  • 726,000円(税込)~957,000円(税込)/96.28㎡~104.10㎡
  • 東京都世田谷区玉川3-23-19

都営三田駅3分、田町駅5分/3階建の1棟貸しの希少物件

  • 605,000円/87,34㎡
  • 東京都港区芝4丁目
  • 3階建の1〜3階

3駅利用可能なビジネス街/新橋駅徒歩5分、銀座駅徒歩8分、東銀座駅徒歩7分

  • 396,825円/79,52㎡
  • 東京都中央区銀座8丁目
  • 8階建/地下1階の2階部分
詳しくみる

歯科開業レポート

開業サポート進行中の案件を一部掲載していきます。どういった流れで開業当日までを迎えるのか、イメージを膨らませて、いざという時に困らないように準備をしていきましょう。

2021.11.15

なぜ歯科医院開業したいのか?

今回は、現在勤務医として歯科医院に勤める30代前半の歯科医師の方へ開業を考えるきっかけをお伺いしましたので、1例としてご紹介できればと思います。 Q早速ですがいつ頃から開業を考え始めましたか? A具体的に開業を意識し始めたのはつい最近です。父が歯科医院を開業していたので、学生の頃からなんとなく「将来は開業するのかな」と考えていました。ただ、学生の時は歯科の勉強で精一杯で、卒業後も特に将来についてはあまり考えていませんでした。   Q歯科医師として勤務する中で意識が変わりましたか? A研修医が終わり、そのまま興味があった大学病院の口腔外科に勤務するようになりました。5年間大学病院での勤務を経て、このまま大学にずっと残るよりは一般歯科医院で勤務したいと考えるようになり、歯科医院に勤務し始めました。勤務医をしながら、将来は自分の理想とする歯科医院を開業したいと思うようになりました。   Q同世代の先生は開業や医院継承をされていますか? A大学の一つ上の先輩は知っているだけで、4人ほどすでに開業していると聞きました。 同期は開業準備をしているという話は聞きますが、まだ開業している先生は聞いていません。   Q医院継承する場合に発生する手続きについてご存知ですか? A継承される側の廃業届や継承する側の開業届の提出が必要と聞いたことがありますが、具体的なことはほとんど分かりません。ただ、医院継承の場合は医療器具やスタッフさんがそのまま継承されることが多いと思いますので、その点では新規開業よりもメリットが多いのではないかと思います。   Q歯科医院開業にかかる初期費用はどのくらい必要かご存知ですか? A土地や規模、広さによって様々だと聞いたことがありますが、十分な設備で開業するには最低でも1億円はかかると聞いたことがあります。ローンを組むとして初期費用には500万円程は必要なのではないかと思いますが、詳しい金額は分かりません。   Q歯科医院開業する地域は決まっていますか?決まっている方はなぜその地域にしましたか? A将来、父が開業している歯科医院を継ぐのか、新しく別の歯科医院を開業するのかはまだ迷っています。ただ、地域に密着し、一人一人の患者さんを長年通して診たい気持ちがあるので、場所は都会よりも住宅街での開業を希望しています。   Q開業や開業準備をされている先生で、開業支援のサポート企業を使用している方はいらっしゃいますか? A大学の先輩で新規開業された先生がいまして、その先生の歯科医院の内覧会に伺った時に新規開業について色々と話を聞くことができました。そこで初めて開業支援のサポート企業というものがあることを知り、開業する土地探しから内覧会の準備など色々と相談に乗ってくれるとのことでした。   Q実際に内覧会に参加されていかがでしたか? A内覧会の時もその企業の方が一緒に内覧会を盛り上げているような印象がありました。特に新規開業の場合にはその地域の患者さんを取り込む意味でも内覧会がとても重要であると思いますので、そういったところまで含めてサポートしてくれる企業があるのであれば、ぜひ自分も利用したいと思いました。   Q勤めている歯科医院で開業について学ぶことはできますか? A治療の流れや保険請求については学ぶことができますが、開業についてはほとんど学ぶことができていません。   Q開業について調べたり、学んでいることはありますか? A歯科雑誌などの特集で開業についての記事がある時は積極的に見ています。また、時々開業についてインターネットで調べたりしていますが、セミナーなどは受けたことがありません。今後は開業・経営のセミナーなどを積極的に受けたいと思っています。   Q開業について知りたいことはありますか? A現時点では父の歯科医院を継ぐのか、新たに歯科医院を開業するのか迷っています。新たに歯科医院を開業することも視野に入れていますので、新規開業のためにはまず何から始めるべきなのか、貯蓄がいくらぐらい必要なのか、誰に相談すべきなのか、などについて知りたいです。   Q弊社のような会社に相談するのは慎重になりますか? A特に慎重になるとは思っていません。現段階で、開業については全くの無知と言っても過言ではありませんので、頼れる会社や企業があるのであれば積極的に相談したいと思います。まずは、御社のような会社に相談することが第一歩と考えていますので、日々の診療で技術を学びながら、そういった形で開業の準備を進めていきたいと思っています。     貴重なお話いただきありがとうございます。 開業は考えているがわからないことが多く、周りの方からお話を伺いながら準備を進めていく方が多いと改めて感じました。実際に弊社へお声がけいただく先生も、お知り合いの先生からご紹介でお問い合わせいただくことが多いです。 開業資金や医院継承が良いのかなど今回弊社からの回答は記載しておりませんが、気になる方はぜひお問い合わせください。 開業支援豊富な専門スタッフがご対応いたします。

2021.10.29

歯科医院開業と内覧会

歯科医院内覧会の基本的なノウハウ!NG行動がある? 「内覧会ってそもそも、必要なの?」 「内覧会、ノウハウはないけど、失敗したくない」 いよいよ、歯科医院開業!という時に付き物の内覧会。しかし「内覧会について、よくわからないので不安。」という先生も多いのではないでしょうか? 内覧会についてよく把握しておかないと、集客やスッタフ同士の団結のチャンスを逃すことにもなりかねません。 そこで、大切なのは内覧会の必要性や成功のポイントを理解して、この内覧会というチャンスを最大限に有効活用していくことです。内覧会を成功させることで、地域の認知度を高めることができますし、スタッフ同士のコミュニケーションの場にもなります。 今回は、内覧会についてお悩みの先生に向けて、内覧会が必要な理由と準備のポイントをご紹介します。 ぜひ内覧会を成功させて、クリニック開業からスムーズなスタートダッシュを切りましょう。 内覧会の必要性 それでは、そもそも内覧会は必要なのでしょうか? 開業時はいろいろと準備が多く、内覧会をする必要がないのであればやらないでおきたいですよね? 結論からいうと、内覧会は必要です。 ここでは、その理由を解説していきます。 ○診療開始前から集客ができる 内覧会では、実際に診療を開始する前から集客ができます。 クリニックを気に入ってくれた来場者の予約を、その場で取れるからです。経営の不安も多い開業時だからこそ、内覧会で患者さまを増やしましょう。 ○地域へ認知してもらうチャンス 内覧会は、地域の人にクリニックを知ってもらうチャンスです。 地域にチラシなどで、周知して実際にきてもらうことで、医院を地域の人に知ってもらえます。また、先生やスタッフの人柄も知ってもえます。地域に根付いたクリニックになるためにも、内覧会は必要です。 ○スタッフ同士の団結の場になる 内覧会はスタッフ同士の団結の場にもなります。 内覧会の準備のポイント それでは、準備の段階で注意する点はなんでしょうか? ここでは、内覧会準備のポイントをご紹介します。 ○日付の設定 開催日は必ず、週末を含む日付にしましょう。休日を含めれば、多くの人に来場してもらえます。可能であれば、平日も含め3日間行うのがベストです。 ○イベントの周知 イベントの告知もしっかり行っていきましょう。 チラシやSNSを利用して、多くの人に知ってもらう必要があります。内覧会で行うイベントがある場合はその旨を、記載しておきましょう。 ○ノベルティやイベントの計画 内覧会では来場者のためにノベルティやイベントを企画するといいでしょう。 来場者を増やせますし、患者さまと交流を持つ事ができます。歯ブラシのプレゼントや、小児向けであれば、歯医者ごっこをしながら写真撮影などもおすすめです。来場者にとって魅力的な企画を用意しましょう。 ○スタッフの動きの確認 スタッフの動きの確認も必要です。当日はかなり忙しくなる事が予想されます。 具体的には、他院の先生が挨拶に来たらどうするのか?お祝いの品を頂いたらどうするのか?などです。スタッフ間で対応を統一しておきましょう。 ○当日の服装の確認 当日の服装も考慮が必要です。白衣ですと、子供を怖がらせてしまうかもしれません。また、ディーラーの営業マンが来てくれる時に、スーツだと来場者に入りにくいという印象を与えてしまうかもしれないため配慮していただきましょう。クリニックによっては内覧会の時用に、医院のテーマカラーのTシャツを用意したりするところあります。服装も親しみやすさを意識しましょう。 まとめ いかがだったでしょうか?内覧会は、集客とチームビルディング両方の面でとても重要です。 しかし、目的と成功のポイントを理解していないと、無駄に費用と労力だけをかけることになりかねません。ぜひ内覧会を成功させてください!

2021.10.23

居抜きでの歯科医院開業をおすすめしない理由

居抜き物件は、以前まで借りていた経営者が同業種を営んでいた空き物件のことです。居抜きの歯科医院を開業するのなら以前まで歯科医院を経営していた空き物件を探すことになります。 飲食店が居抜き物件で開店することはよくあるパターンですが、居抜き物件を上手く活用できると開業資金を安く抑えられるというメリットがあります。開業資金をなるべく安く抑えたいというかたは多いですが、果たして居抜き物件での開業は良いことだけなのでしょうか。 この記事では居抜き物件で開業するデメリットやメリットを解説します。歯科医院開業の際に参考にしてください。 居抜き物件で歯科医院を開業するデメリット 居抜き物件を利用した開業はデメリットが多く、場合によってはメリット以上に受けるデメリットが負担となります。 【追加費用がかかり、金額が予想以上に抑えられない】 借りた当初は調子よく動いていた設備でも残り使用期間が少なかったり、内装や外装が痛んでいたりすれば自己資金で手を加えなければいけなくなります。自分で負担する金額が増えてしまうので予想以上の出費につながってしまうことがあります。 【前の歯科医院のイメージが残る】 居抜き物件では、以前まであった歯科医院の場所や設備を利用することになります。そのため以前まで入っていた歯科医院のイメージを引き継ぐことになり、評判が悪い歯科医院であれば、悪いイメージを引き継いでしまうことがあります。 【物件数が少なく、立地を選びにくい】 新規で開業することよりも立地が限られてしまいます。歯科医院の居抜き物件は物件数が圧倒的に少ないので立地条件を選びにくいというデメリットがあります。 【内装など自由度が低い】 居抜き物件では、前の歯科医院が使っていた設備や内装をそのまま使用するため自分の好みを反映しにくくなります。 例えば診察の際の導線がスムーズでなく動きにくかったり、設備が好みのメーカーではなかったりすることで使いにくいと感じることがあります。 居抜き物件で歯科医院を開業するメリット 居抜き物件で歯科医院を開業するデメリットをお伝えしましたが、メリットもあります。 【開業資金を抑えられる】 居抜き物件を利用して開業すると新規で開業するよりウンと安い金額で開業できます。レントゲンや歯科診察ユニットなどの設備が整っていて、内装なども痛んでいなければ、初期費用を大きく抑えることができます。 【経営の早期安定化を図れる】 居抜き物件に入っていて歯科医院の評判が良く知名度が高い場合には、集客面で恩恵を受けられます。歯科医院を開業するにあたってもっとも大変なのが、患者さんの確保です。もともと入っていた歯科医院が地域の歯科医院として知名度があれば、通っていたお客さんを引き継げる可能性があります。 【開業までに時間がかからない】 新規で開業するには内装工事から機材の搬入、設置を行う必要がありますが、居抜き物件では内装工事などはほとんど必要ないため短期間で歯科医院を開業できます。 居抜きでの歯科医院開業をおすすめしない理由まとめ 居抜き物件を活用して歯科医院を開業するメリットは非常に多いですが、良いことばかりではありません。居抜き物件を上手に活用するには、物件を自分の目で隅々まで確認したり、前に入っていた病院がどのような理由で閉院したのか調べたりする必要があります。 また歯科医院の開業を得意とする経営コンサルタントに依頼するのもおすすめです。自分一人で判断するよりも医療と経営の両方をサポートしているプロからアドバイスをもらうことで、期待外れの居抜き物件を掴んでしまう状況を回避できます。

詳しくみる
歯科開業のお悩み
  • 忙しくて開業の準備が
    できるかどうか・・・
  • 集患のマーケティング
    も必要だし・・・
  • 不動産関連の
    手続きって
    大変そう・・・
開業サポート

開業に必要な手続きから
各種備品の手配まで
全てデンタルサービス
お任せください

デンタルサービス開業サポート
4つの特徴

デンタルサービスでは、
大手医療法人の開業支援実績に基づいた
「不動産情報力」「歯科医院運営のノウハウ」「開業支援専門スタッフ」「時短で開業が可能」
の4つの特徴で成功する開業を実現いたします。

  • Feature1

    不動産情報力

    集患には、物件・立地の選定が大きく影響します。
    集患出来る優良物件は、歯科だけでなく他業界からの人気も高くなります。
    デンタルサービスは、不動産仲介業も行っており、一般に流通しない優良物件を含めた多くの情報の中から歯科医院におすすめの物件情報をご紹介しています。
    (首都圏賃貸物件:61,449件、全国賃貸物件計:127,060件 ※2020年12月データ)

  • Feature2

    歯科医院運営のノウハウ

    大手医療法人の開業運営を支援して得た独自の必勝法を活かし、開業成功へ全力でサポートします。
    またリアルな歯科経営の実態を知り尽くしたデンタルサービスが、短期間で安定した黒字経営へと導きます。

  • Feature3

    開業支援専門スタッフ

    開業支援専門スタッフが担当につき、理想の医院開業を実現いたします。
    物件や資金調達はもちろん、設備・宣伝・スタッフ採用・書類作成等、細かな雑務から経営戦略までサポートいたします。

  • Feature4

    時短で開業が可能

    開業の準備は通常、開業予定日から最低でも7ヶ月から1年前には検討を開始していないと間に合いません。
    デンタルサービスでは、歯科医院運営実績のノウハウを基に時短での開業を支援いたします。

先生専門の支援チーム
を立ち上げ
開業をとことん
サポート
します!

歯科開業サポートチーム

知っておきたい!
歯科開業のあれこれ

  • なぜ?開業するのか?

    開業前と開業後のギャップ

    皆さんは「なぜ?開業するのか?」を自問自答してみてください。多くの歯科医師が、自分の世界を探して開業しますが、なかなか上手くいきません。皆さん、気づけていますか?歯科医師ならば、自分の城を築いてみたい!自分の自由にしたい!と考えると思うのですが、いざ、開業してみると全く逆だという事に気づかされます。

    詳しくみる
  • 歯科医院開業の場所選び

    理想に近い物件を見つけるには?

    歯科医院開業の場所選び 歯科医院の新規開業地の選び方は?デンタルサービスでは、理想に近い物件探しのお手伝い、M&Aのご相談も受け承っております。お気軽にお問い合わせください。

    詳しくみる
  • 歯科の開業資金について

    歯科開業資金は5,000万円!?

    歯科医院の開業資金は最低でも5,000万円程度は必要だといわれます。歯科医院経営の早期安定化や計画的な集患を考慮していくと、実際、ご開業地や坪数等、ご開業のタイプにもよりますが7000万円~7500万円前後は費用が掛かる事も出てきます。

    詳しくみる
  • 歯科開業と年収

    開業医は年収約1,200万円!

    開業医の年間の平均給与は1,225万となっておりますが、実際にはどうなんでしょう?日本のサラリーマンの平均年収432万円(国税庁「平成29年 民間給与実態調査」)と比較すれば高収入なのは明らかとなります。

    詳しくみる
  • 歯科開業の資金調達ノウハウ

    開業資金はどう調達する?

    開業資金を調達しようと思っても、初めてのことで何をどうすればいいのか戸惑われる方も多いことかと思います。そこで、今回は歯科医院の開業資金調達の方法や調達先の種類などを簡単に説明します。

    詳しくみる
  • 歯科開業医の妻・夫

    歯科開業を成功させる秘訣

    歯科開業医の妻・夫は歯科開業医のパートナーの立ち位置です。開業の準備やオープン後から、開業医の奥様、旦那様はどのように関わってもらうのが良いのでしょうか。

    詳しくみる
  • 歯科開業医の失敗?

    歯科開業で失敗する3つの原因とは

    勤務医として経験を積んできた歯医者さんのなかには、自分の歯科医院を開業することを考えている方も少なくありません。新たに開業する歯科医院数は増加傾向にありますが、これに比例して廃業、失敗してしまう歯科医院も多く存在します。まずは最近、歯科開業で失敗する3つの大きな原因をご紹介します。

    詳しくみる
  • 歯科医院売却とM&A

    歯科医院M&Aのメリットデメリットとは?

    いつ、どのように引退や売却するのか、それまでにどのような医院状態にすべきか早めに検討に入り準備することが必要となります。今日明日でも止めることはできますが、それでは今までの患者さんや働くスタッフさんはどうしたらいいのかなども重要です。

    詳しくみる
  • 歯科開業と人材採用

    人材採用は歯科開業成功の秘訣?

    歯科医院新規開業に最も重要なファクターはスタッフ(歯科衛生士や歯科助手、受付など)の採用です。採用がうまく行かず苦戦している院長も多くいます。最も重要な採用ありきで、開業する場合に総合的に考えていく必要があります。

    詳しくみる

お問い合わせをしてくださった方
限定情報
1億円歯科医院の作り方

  • 必ず成長する
    院長とは?
  • スタッフが
    辞めない医院
  • 患者さんの
    絶えない接遇
  • 患者さんの
    絶えない接遇
  • 必ず成長する
    院長とは?
  • スタッフが
    辞めない医院
綺麗な歯

下記メールフォームより
ご質問やご相談を承ります。
どうぞ、お気軽にお問い合わせください。

氏名
メールアドレス確認のため再度
入力してください
電話番号
お住いの都道府県
ご専門
お問合わせ内容

送信確認

送信内容確認

以下の内容で送信します、
お間違いのないかどうかご確認ください。

氏名
メールアドレス
電話番号
お住いの都道府県
ご専門
お問い合わせ内容


戻る

お気軽にお問い合わせください!