歯科・開業を任せるなら
デンタルサービス
株式会社デンタルサービス

お問い合わせはこちら

歯科開業のことなら
デンタルサービス
お任せください

  • 相談料・紹介手数料・
    物件検索費用”0円”
  • 開業を成功に導く
    ”独自のエリアマーケティング”
  • 医療法人の実運営”10年以上”
    の豊富な実績
SNSにて最新の新着物件・
歯科開業レポート情報を
掲載中!
facebook

新着物件情報

開業地は患者さんの集まり方に大きく影響し、歯科医院経営を左右します。デンタルサービスでは、独自の不動産ネットワーク・エリアマーケティングによって一般には目にできないような物件情報を取得しています。ここで一部をご紹介します。

二子玉川駅徒歩6分、新築、12月竣工予定/1階路面店舗空きあり

  • 726,000円(税込)~957,000円(税込)/96.28㎡~104.10㎡
  • 東京都世田谷区玉川3-23-19

都営三田駅3分、田町駅5分/3階建の1棟貸しの希少物件

  • 605,000円/87,34㎡
  • 東京都港区芝4丁目
  • 3階建の1〜3階

3駅利用可能なビジネス街/新橋駅徒歩5分、銀座駅徒歩8分、東銀座駅徒歩7分

  • 396,825円/79,52㎡
  • 東京都中央区銀座8丁目
  • 8階建/地下1階の2階部分
詳しくみる

歯科開業レポート

開業サポート進行中の案件を一部掲載していきます。どういった流れで開業当日までを迎えるのか、イメージを膨らませて、いざという時に困らないように準備をしていきましょう。

2021.12.20

歯科医院のホームページを見て受診?

歯科医院開業にあたっての重要なポイント   歯科医院、来院のきっかけは・・・? 歯科医院を選ぶとき、利用者は何を基準に選ぶのでしょうか? 現在、歯科医院の数は68,000軒を超え(厚生労働省 医療施設動態調査 令和元年5月末概数による)、コンビニエンスストアの店舗数よりも多く存在しています。 「家や駅から近い」「公式ホームページを見て」「遅い時間でも診療している」「口コミを見て」など人によって歯科医院を選ぶには色々な理由があるのではないかと思います。では実際はどうなのでしょうか? 歯科医院を選ぶ基準として使っているのは、「ホームページ」が多数を占めています。 ホームページが世間に浸透するまでは電話番号の情報誌などで電話するか、直接病院に行って受診をした結果でそれぞれの病院の特色等を判断するのが一般的でした。 その為地域的に評価が決定されることも多く、人気の高い歯科医院に地域の住民が集まって地域社会を形成していたのです。   しかし現在は各歯科医院がその特色や診察内容、医師の紹介をホームページに掲載しているため、探している個人はそれぞれ自分にあった医院を瞬時に探せる時代になり、結果として歯科医院におけるホームページの重要性が高まっていったのです。 またSNSの進化も見逃せません。特に若年層ではそれが顕著になり、自分がフォローしている方が紹介した歯科医院が急に人気になることも多数起きています。   このような形で歯科医院における重要な情報の発信元として、ホームページやSNSによる情報発信が必要最低限と認識されています。 では歯科医院のホームページで、利用者は何を見ているのでしょうか?     公式ホームページで押さえておくべき点は・・・?   歯科医院を選ぶ際、公式ホームページを見て来院するケースは非常に高いということでしたが、実際には医院のホームページのどの部分に注目しているのでしょうか。 歯科医院を探している人は、「アクセス」「口コミ」「営業時間」をまず確認します。アクセスや営業時間は歯科医院に限らず全ての判断基準になりますね。 「口コミ」についてはその医院の評価を判断基準に置いている方が重視します。やはりネガティブなコメントが多い医院は敬遠したくなりますね。 ただ「口コミ」は匿名で書き込めるものも多いので、信用しすぎるのも注意です。   ただもちろんこの判断基準もホームページがあってこその物でありますので、そもそもホームページが無ければ検討の土台に上がってこない事も容易に想像できますね。 またアクセスや営業時間が記載されてない、記載されていてもどこにあるのか探しにくいホームページでは、せっかく見に来てくれた方が諦めて離脱してしまう事にもつながります。こういった情報はユーザーが見て分かりやすいところに配置したいですね。   まとめ いかがでしたでしょうか。今回は歯科医院を利用者が選ぶ際、何を重要視しているのかを実際のアンケートに沿って見てみました。 情報社会の今、スマートフォンやタブレット端末は人がアクションを起こす時に欠かせないツールとなっています。そして、そのWEB上にある公式ホームページは歯科医院の「顔」とも言える広告媒体であり、ホームページが利用者の受診可否の決定打になる可能性も十分にありえます。公式ホームページの運用は歯科医院開業にあたって重要な要素の一つといえるでしょう。

2021.12.11

こんな歯科開業コンサルは要注意

歯科医院開業は色々と決定することがあり、自分一人で調べて行うのは難しいものです。 開業について知識があって、サポートしてくれる人を味方につけて開業を成功させましょう。ただ、開業のコンサルタントは専門としている所から本業があってサービスとして行っているところなど様々です。 そこで今回はそんな開業コンサルについて詳しく解説させていただきます。 【本業がほかにあるケース】 本業が別にあって、サービスの一環でコンサル業を行っている場合があります。 医療機器メーカーや会計事務所、設計建設系など色々な分野の本業があるコンサルタントも開業に関して丁寧に相談に乗ってくれるでしょう。 ただ、特徴もあるので、希望に近い所を選べるようにご紹介します。 医療機器メーカー 医療機器メーカーの場合には医療機器の情報を入手しやすいなどのメリットはありますが、医療機器を購入する特典としてサポートしてくれることが多いので、細やかなサポートが受けられない場合があります。 設計事務所 設計事務所の場合には、歯科医院を設計しながら、設計スケジュールと一緒に計画を立てていくことができます。 ただし、サービスの1つとして行っている場合には設計のおまけのような位置づけでサポート内容が十分でないことがあるので気をつけましょう。 会計事務所 会計事務所は歯科医院の顧問を行っているケースもあります。 資金調達をスムーズに行うことができるなど、開業資金の面で専門的な知識が豊富です。 ただ、開業後に継続して顧問の契約が必要になる場合もあるので、慎重に検討しましょう。 【開業コンサルタント専門】 歯科医院の開業を専門にコンサルタントを行っている所もあります。 開業資金の調達から医療機器、歯科医院の設備設計などトータルで相談に乗ってくれます。 ただし、コンサルタント専門なのでほかの業種よりサポートが手厚い分、費用が高い傾向になります。 また、開業だけでなくその後の経営に関してもサポートしてくれる所かチェックしておきましょう。 【開業コンサルタント選びのポイント】 1 歯科が得意分野か? 先ほど業種別のコンサルタントの特色をお話しましたが、その業種によって得意な分野が異なります。 どの分野でも歯科の開業を多く手掛けているか確認しましょう。 どのようなことを求めるかによっても、どの業種に頼むべきか変わってきます。 2 経験や実績 開業に関してほとんど実績がなく、コンサルタントという肩書きを名乗っているケースもあります。 実際に経験や実績があるか確認しておきましょう。 具体的に「開業資金はどの程度必要か?」「医療機器メーカーの費用の相場は?」「目標の患者数は?」など具体的な質問をして明確な答えが返ってくるコンサルタントがおすすめです。 3 費用 歯科開業のコンサルタントによって費用は大きく異なります。 専門のコンサルタントの場合には費用はかかりますが、開業後も経営に関して支援してくれるなどしっかりとしたサポートを受けることができます。 本業がほかにあるケースはサービスとして行っていることも多いので、無料でコンサルタントを受けることもできますが、開業後のサポートは期待できないかもしれません。 どの程度自分で行うか、コンサルタントに依頼する部分はどの程度か決めておくとスムーズにコンサルタント選びを行うことができるでしょう。 【まとめ】 コンサルタントを選ぶ時には、歯科業界の知識があって経験があるコンサルタントを選びましょう。 また、開業後の経営のサポートも行っているかどうかも大切ですね。 5年後、10年後も計画的に安定して経営を続けていけるようにきちんとサポートしてくれるコンサルタントか見極めてくださいね。 弊社では歯科開業を専門とし、医療法人の運営や新規歯科医院開業のサポートをおこなっております。支援チームを立ち上げ、各分野の専門スタッフがサポートをおこないます。お気軽にお問い合わせください。 【関連ページ】 ■歯科医院開業事例① ■歯科医院開業事例② ■歯科医院開業事例③ ■歯科医院開業と内覧会 ■なぜ歯科医院開業したいのか?

2021.11.15

なぜ歯科医院開業したいのか?

今回は、現在勤務医として歯科医院に勤める30代前半の歯科医師の方へ開業を考えるきっかけをお伺いしましたので、1例としてご紹介できればと思います。 Q早速ですがいつ頃から開業を考え始めましたか? A具体的に開業を意識し始めたのはつい最近です。父が歯科医院を開業していたので、学生の頃からなんとなく「将来は開業するのかな」と考えていました。ただ、学生の時は歯科の勉強で精一杯で、卒業後も特に将来についてはあまり考えていませんでした。   Q歯科医師として勤務する中で意識が変わりましたか? A研修医が終わり、そのまま興味があった大学病院の口腔外科に勤務するようになりました。5年間大学病院での勤務を経て、このまま大学にずっと残るよりは一般歯科医院で勤務したいと考えるようになり、歯科医院に勤務し始めました。勤務医をしながら、将来は自分の理想とする歯科医院を開業したいと思うようになりました。   Q同世代の先生は開業や医院継承をされていますか? A大学の一つ上の先輩は知っているだけで、4人ほどすでに開業していると聞きました。 同期は開業準備をしているという話は聞きますが、まだ開業している先生は聞いていません。   Q医院継承する場合に発生する手続きについてご存知ですか? A継承される側の廃業届や継承する側の開業届の提出が必要と聞いたことがありますが、具体的なことはほとんど分かりません。ただ、医院継承の場合は医療器具やスタッフさんがそのまま継承されることが多いと思いますので、その点では新規開業よりもメリットが多いのではないかと思います。   Q歯科医院開業にかかる初期費用はどのくらい必要かご存知ですか? A土地や規模、広さによって様々だと聞いたことがありますが、十分な設備で開業するには最低でも1億円はかかると聞いたことがあります。ローンを組むとして初期費用には500万円程は必要なのではないかと思いますが、詳しい金額は分かりません。   Q歯科医院開業する地域は決まっていますか?決まっている方はなぜその地域にしましたか? A将来、父が開業している歯科医院を継ぐのか、新しく別の歯科医院を開業するのかはまだ迷っています。ただ、地域に密着し、一人一人の患者さんを長年通して診たい気持ちがあるので、場所は都会よりも住宅街での開業を希望しています。   Q開業や開業準備をされている先生で、開業支援のサポート企業を使用している方はいらっしゃいますか? A大学の先輩で新規開業された先生がいまして、その先生の歯科医院の内覧会に伺った時に新規開業について色々と話を聞くことができました。そこで初めて開業支援のサポート企業というものがあることを知り、開業する土地探しから内覧会の準備など色々と相談に乗ってくれるとのことでした。   Q実際に内覧会に参加されていかがでしたか? A内覧会の時もその企業の方が一緒に内覧会を盛り上げているような印象がありました。特に新規開業の場合にはその地域の患者さんを取り込む意味でも内覧会がとても重要であると思いますので、そういったところまで含めてサポートしてくれる企業があるのであれば、ぜひ自分も利用したいと思いました。   Q勤めている歯科医院で開業について学ぶことはできますか? A治療の流れや保険請求については学ぶことができますが、開業についてはほとんど学ぶことができていません。   Q開業について調べたり、学んでいることはありますか? A歯科雑誌などの特集で開業についての記事がある時は積極的に見ています。また、時々開業についてインターネットで調べたりしていますが、セミナーなどは受けたことがありません。今後は開業・経営のセミナーなどを積極的に受けたいと思っています。   Q開業について知りたいことはありますか? A現時点では父の歯科医院を継ぐのか、新たに歯科医院を開業するのか迷っています。新たに歯科医院を開業することも視野に入れていますので、新規開業のためにはまず何から始めるべきなのか、貯蓄がいくらぐらい必要なのか、誰に相談すべきなのか、などについて知りたいです。   Q弊社のような会社に相談するのは慎重になりますか? A特に慎重になるとは思っていません。現段階で、開業については全くの無知と言っても過言ではありませんので、頼れる会社や企業があるのであれば積極的に相談したいと思います。まずは、御社のような会社に相談することが第一歩と考えていますので、日々の診療で技術を学びながら、そういった形で開業の準備を進めていきたいと思っています。     貴重なお話いただきありがとうございます。 開業は考えているがわからないことが多く、周りの方からお話を伺いながら準備を進めていく方が多いと改めて感じました。実際に弊社へお声がけいただく先生も、お知り合いの先生からご紹介でお問い合わせいただくことが多いです。 開業資金や医院継承が良いのかなど今回弊社からの回答は記載しておりませんが、気になる方はぜひお問い合わせください。 開業支援豊富な専門スタッフがご対応いたします。

詳しくみる
歯科開業のお悩み
  • 忙しくて開業の準備が
    できるかどうか・・・
  • 集患のマーケティング
    も必要だし・・・
  • 不動産関連の
    手続きって
    大変そう・・・
開業サポート

開業に必要な手続きから
各種備品の手配まで
全てデンタルサービス
お任せください

デンタルサービス開業サポート
4つの特徴

デンタルサービスでは、
大手医療法人の開業支援実績に基づいた
「不動産情報力」「歯科医院運営のノウハウ」「開業支援専門スタッフ」「時短で開業が可能」
の4つの特徴で成功する開業を実現いたします。

  • Feature1

    不動産情報力

    集患には、物件・立地の選定が大きく影響します。
    集患出来る優良物件は、歯科だけでなく他業界からの人気も高くなります。
    デンタルサービスは、不動産仲介業も行っており、一般に流通しない優良物件を含めた多くの情報の中から歯科医院におすすめの物件情報をご紹介しています。
    (首都圏賃貸物件:61,449件、全国賃貸物件計:127,060件 ※2020年12月データ)

  • Feature2

    歯科医院運営のノウハウ

    大手医療法人の開業運営を支援して得た独自の必勝法を活かし、開業成功へ全力でサポートします。
    またリアルな歯科経営の実態を知り尽くしたデンタルサービスが、短期間で安定した黒字経営へと導きます。

  • Feature3

    開業支援専門スタッフ

    開業支援専門スタッフが担当につき、理想の医院開業を実現いたします。
    物件や資金調達はもちろん、設備・宣伝・スタッフ採用・書類作成等、細かな雑務から経営戦略までサポートいたします。

  • Feature4

    時短で開業が可能

    開業の準備は通常、開業予定日から最低でも7ヶ月から1年前には検討を開始していないと間に合いません。
    デンタルサービスでは、歯科医院運営実績のノウハウを基に時短での開業を支援いたします。

先生専門の支援チーム
を立ち上げ
開業をとことん
サポート
します!

歯科開業サポートチーム

知っておきたい!
歯科開業のあれこれ

  • なぜ?開業するのか?

    開業前と開業後のギャップ

    皆さんは「なぜ?開業するのか?」を自問自答してみてください。多くの歯科医師が、自分の世界を探して開業しますが、なかなか上手くいきません。皆さん、気づけていますか?歯科医師ならば、自分の城を築いてみたい!自分の自由にしたい!と考えると思うのですが、いざ、開業してみると全く逆だという事に気づかされます。

    詳しくみる
  • 歯科医院開業の場所選び

    理想に近い物件を見つけるには?

    歯科医院開業の場所選び 歯科医院の新規開業地の選び方は?デンタルサービスでは、理想に近い物件探しのお手伝い、M&Aのご相談も受け承っております。お気軽にお問い合わせください。

    詳しくみる
  • 歯科の開業資金について

    歯科開業資金は5,000万円!?

    歯科医院の開業資金は最低でも5,000万円程度は必要だといわれます。歯科医院経営の早期安定化や計画的な集患を考慮していくと、実際、ご開業地や坪数等、ご開業のタイプにもよりますが7000万円~7500万円前後は費用が掛かる事も出てきます。

    詳しくみる
  • 歯科開業と年収

    開業医は年収約1,200万円!

    開業医の年間の平均給与は1,225万となっておりますが、実際にはどうなんでしょう?日本のサラリーマンの平均年収432万円(国税庁「平成29年 民間給与実態調査」)と比較すれば高収入なのは明らかとなります。

    詳しくみる
  • 歯科開業の資金調達ノウハウ

    開業資金はどう調達する?

    開業資金を調達しようと思っても、初めてのことで何をどうすればいいのか戸惑われる方も多いことかと思います。そこで、今回は歯科医院の開業資金調達の方法や調達先の種類などを簡単に説明します。

    詳しくみる
  • 歯科開業医の妻・夫

    歯科開業を成功させる秘訣

    歯科開業医の妻・夫は歯科開業医のパートナーの立ち位置です。開業の準備やオープン後から、開業医の奥様、旦那様はどのように関わってもらうのが良いのでしょうか。

    詳しくみる
  • 歯科開業医の失敗?

    歯科開業で失敗する3つの原因とは

    勤務医として経験を積んできた歯医者さんのなかには、自分の歯科医院を開業することを考えている方も少なくありません。新たに開業する歯科医院数は増加傾向にありますが、これに比例して廃業、失敗してしまう歯科医院も多く存在します。まずは最近、歯科開業で失敗する3つの大きな原因をご紹介します。

    詳しくみる
  • 歯科医院売却とM&A

    歯科医院M&Aのメリットデメリットとは?

    いつ、どのように引退や売却するのか、それまでにどのような医院状態にすべきか早めに検討に入り準備することが必要となります。今日明日でも止めることはできますが、それでは今までの患者さんや働くスタッフさんはどうしたらいいのかなども重要です。

    詳しくみる
  • 歯科開業と人材採用

    人材採用は歯科開業成功の秘訣?

    歯科医院新規開業に最も重要なファクターはスタッフ(歯科衛生士や歯科助手、受付など)の採用です。採用がうまく行かず苦戦している院長も多くいます。最も重要な採用ありきで、開業する場合に総合的に考えていく必要があります。

    詳しくみる

お問い合わせをしてくださった方
限定情報
1億円歯科医院の作り方

  • 必ず成長する
    院長とは?
  • スタッフが
    辞めない医院
  • 患者さんの
    絶えない接遇
  • 患者さんの
    絶えない接遇
  • 必ず成長する
    院長とは?
  • スタッフが
    辞めない医院
綺麗な歯

下記メールフォームより
ご質問やご相談を承ります。
どうぞ、お気軽にお問い合わせください。

氏名
メールアドレス確認のため再度
入力してください
電話番号
お住いの都道府県
ご専門
お問合わせ内容

送信確認

送信内容確認

以下の内容で送信します、
お間違いのないかどうかご確認ください。

氏名
メールアドレス
電話番号
お住いの都道府県
ご専門
お問い合わせ内容


戻る

お気軽にお問い合わせください!