歯科医院の人材採用

人材採用の現状

医療スタッフの人材確保が難しい状況であることは歯科業界においても例外ではありません。歯科医師や歯科衛生士など資格が必要な人材はもとより、歯科助手や受付であってもスキルが高いスタッフの雇用は困難を極めます。また、歯科医院自体が増加傾向にあり求人も多く、他の医院との差別化を図ることは難しくなっています。地域によってはパートさえ集まらないところもあるため、人材確保は事業を継続するうえでも重要な問題となってきます。
特に歯科衛生士については、一人の求職者に20の歯科医院がオファーしているというデータもあり、超売り手市場です。また歯科衛生士は転職率も高く、苦労して採用した衛生士も職場の環境によってはすぐに転職してしまう恐れもあり人材確保が厳しい状況です。さらに歯科衛生士の資格を持ちながら離職している人が約15万人いるとも言われています。歯科衛生士の有資格者の多くは女性です。女性が働きやすい職場環境を整備することで、スタッフの定着が図れると言っても過言ではありません。一方歯科助手は資格がいりませんが、業務の幅が広く未経験であれば一から育てる覚悟が必要です。業務内容の割に給与面の待遇が見合わず不満をもつ歯科助手も多いと聞きます。いずれにしてもスタッフに長く働いてもらうためには職場環境を整備していくことがカギとなります。

人材募集の方法

自院のホームページで求人募集をする
今やどこの歯科医院でもホームページは必ず制作しています。簡単に安価で多くの患者さまにアピールできるからです。求人募集も例外ではありません。ただし、アクセス数が多くなくては誰の目に留まることもなくただ載せている状態になってしまいます。簡単ではありますが、実は効果が感じられないことも多いのです。しかし他の求人サイトから自院のホームページを訪れた求職者に対しては、医院の内部をアピールできる重要なツールになります。患者さまだけでなく求職者も見ていることを考えてホームページは制作しましょう。

歯科関連の学校に求人を掲載する

歯科関連の大学や専門学校に求人票を出すことは、コストもあまりかからず学生にとっても就職先を探す手間が少なく双方にとってよいことになります。しかし多くの歯科医院が新卒の歯科衛生士を求めて求人票を出しており、とある専門学校では40人の卒業生に対し700にも及ぶ医院からの求人票が出されたそうです。新卒を育てたいという強い思い、立派に育てられる環境であることが重要であり開業したてのクリニックに来てもらうには少しハードルが高いかもしれません。しかし、クリニックの成長と共に新卒者も成長したいという思いが合致すれば採用も夢ではありません。

WEB媒体への求人掲載

医療系の求人サイトや求人検索エンジンは求職者にはハードルが低くすぐに検索できるメリットがあります。しかし、日々求人が更新されており自院の求人が埋もれてしまうことも多いのです。短時間の閲覧で効果的にアピールするにはどうしたらよいか、戦略を練る必要があります。

求人折り込み広告や業界紙への求人掲載

求人折り込み広告や求人誌は、地元に強みがあります。遠方から通うスタッフだけでなく、近隣から通ってくるスタッフがいると何かトラブルが起きた際に心強いものです。また、業界紙に求人を載せることは、求めるスタッフ像と求職者とのミスマッチが防げるというメリットがあります。

歯科専門の人材紹介サービス

歯科業界に特化した人材紹介サービスを利用すれば効率よく求職者とマッチングすることができます。事前に双方の情報と適正を把握し採用することが可能です。

効果的なポイント

求職者が何を求めているか、どのような環境が理想かを把握することが一番です。それは求職者だけでなく、自院を運営していくにあたって大きな強みとなりひいては患者さまの満足度につながります。
ホームページがあることで院長の人柄や医院内の雰囲気を知ることができます。また、院長がかかげる診療方針に共感できるかは重要なファクターとなります。面接に来てもらえれば診療方針を具体的に説明することは可能です。しかし、それに至るまではホームページなどの媒体からのみの情報を頼りに求職者は応募先を探します。待遇面はもちろん、休日や残業の有無、研修や教育制度の充実などは比較の対象になりやすいです。応募者に具体的なキャリアプランを提示できるかも、よい人材に定着してもらううえで重要です。

歯科開業レポート

開業サポート進行中の案件を一部掲載していきます。どういった流れで開業当日までを迎えるのか、イメージを膨らませて、いざという時に困らないように準備をしていきましょう。

詳しくみる

CONTACTお問い合わせ

ご質問やご相談を承ります。
どうぞ、お気軽にお問い合わせください。

お気軽にお問い合わせください!