歯科医院の開業資金

歯科医院の開業資金について


歯科医院の開業資金は最低でも5,000万円程度は必要だといわれます。歯科医院経営の早期安定化や計画的な集患を考慮していくと、実際、ご開業地や坪数等、ご開業のタイプにもよりますが7,000万円~7,500万円前後は費用が掛かる事も出てきます。

「歯科医院の開業資金と融資について」

開業までに勤務医として働き、自己資金を貯めているという方もいらっしゃいます。しかしおおよその目安となる開業資金5,000万円を貯めるまで働いていては好機を逃してしまうこともあります。通常は自己資金をいくらか貯め、残りは銀行などから融資を受けて開業する場合が多く、歯科開業資金は5,000万円~、そのうち自己資金1,000万円~2,000万円という結果になりました。
弊社では、通常歯科医院の早期安定化の為の必要経費、先生の各種ご希望を調整しながら、綿密な事業計画を立て、開業をサポートしております。物件や希望する医療機器などの状況にもよりますが、6,500万円~7,500万円前後の開業資金となる場合が多くみられます。

歯科医院の開業資金の内訳

■テナント賃貸契約にかかる費用:500万~

都内で新規開業する場合、立地や広さによりますが1ヶ月の家賃相場は50万~100万円。
テナントを契約する場合、初期費用として家賃の他、敷金、仲介手数料等がかかります。

【例:家賃50万の場合】
敷 金 300万
前家賃 50万
礼 金 100万
保証会社契約料 50万
仲介手数料 50万
合 計 550万

(都内ビルテナントの場合は概ね月額家賃の10~12倍が必要となります)

■内外装工事費:1,000万~3,500万円(物件の広さやデザインによる差が大きい)

歯科医院にするための内装工事は、多くの費用がかかります。
一般的な店舗内装とは異なり、歯科医院設備工事が必要です。
例えばユニット設置のための給排水工事、その工事を行うための床上げ工事、また、レントゲン室のため放射線防護工事等を行わなければなりません。

物件の広さやデザインによりますが、1,000万~3,500万の費用がかかります。

■医療機器関連(新品):1,500万~4,000万円(CT導入やユニット台数により変動します)

導入する医療機器の内容、数量、グレードにより金額も大きく変動します。
レントゲンやユニットの設置数、滅菌機、レセコン等、どの機器を何台導入するかは内装にも影響します。

■運転資金:1,000万~(通常は3ヶ月分の固定費が原則)

開業から経営が安定化するまでの運転資金が必要です。
保険診療収入は、診療を行った月の翌々月に国から支払われます。
そのため、開業から2ヶ月間は自費診療の収入で資金繰りをしなければなりません。新規開業の場合、開業から数ヶ月は収入が安定しないことを見込んで、運転資金を準備しておく必要があります。

歯科医院開業の自己資金調達方法

ここでひとつ注意していただきたいのが、自己資金の調達方法です。
預貯金以外に、親族などからの贈与が含まれていないでしょうか?
この場合贈与税がかかる事があります。自己資金が高額ですから税務調査でチェックの対象になりますので、自己資金の出どころを明確にし、資料や贈与税などの調査も確認が必要です。
自分の歯科医院を持つことを夢に掲げていらっしゃる方も多いと思いますが、最初に立ちはだかる問題が「開業資金」をどう工面するかという話になります。
開業を目指している歯科医のみなさんは、まず「500万円~1000万円」の自己資金確保を目標にすることから始めてみてはいかがでしょうか。

自己資金が少なくても歯科医院を開業できるか?

自己資金が多ければ多いに越したことはありませんが、無駄のない経営、事業計画を立てることで、十分な融資を受けることも可能です。
事業計画を立てる際に、初期費用が高いと費用を抑えた開業計画を考えがちになってしましますが、開業はゴールではなくスタートです。
費用を抑え過ぎて、集患が出来ない、スタッフが採用できないなどの状態になり、開業後に追加費用がかさんでしまっては本末転倒です。

どの費用をどれ位抑えて、安定的な経営の為に、使用しなくてはいけない費用は何なのか?
1日に診察可能な人数はどれだけで、どれくらい集患の目途が建てられるのか?
またその根拠は何なのか?など綿密に計画を立てなくてはいけません。

資金調達につきましては、先生のご希望条件や診療スタイル・立地などによってご開業に必要な資金額が変わってきます。
具体的なご相談や、先生がお考えのビジョンだとどの位の資金がかかるのか?自己資金はいくら必要なのか?など、ご不明点・ご質問があれば、お気軽にご相談ください。

【関連ページ】
▶歯科開業の資金調達ノウハウ

歯科開業レポート

開業サポート進行中の案件を一部掲載していきます。どういった流れで開業当日までを迎えるのか、イメージを膨らませて、いざという時に困らないように準備をしていきましょう。

詳しくみる

CONTACTお問い合わせ

ご質問やご相談を承ります。
どうぞ、お気軽にお問い合わせください。

お気軽にお問い合わせください!